P2特設ページ></a>|
<a href= | CALENDAR | RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
あなたのくれた残酷な約束が僕にどれほどの幸福をくれたのかあなたは知らない 10:27


敵同士なのに相手に憎しみを持って戦ってないところがいいよね…

私がトロイたん単体のシーンで一番好きなのがイルヤ破壊で怒るシーンです。
普段生真面目クールなトロイたんがあんなに感情をあらわにして…!って軽く感動すら覚えます。
それと、冷徹に任務をこなす軍人としての自分の裏に、無辜の民間人を国籍関係なく大切に思っている面も見えてきゅんとします。だからこそほとんど無私で南進政策もこなしてたんだろうなあっていう。クールークの現状とかも多分わかってたんだろうな…
困窮してる自国の民間人を何とかしたいので南進政策もがんばるけど殺戮で従わせないで話し合いで何とかしたい、ってところはナ・ナルの件でもわかるし、オベル上陸のときの口上も本気でそう言ってたんだろうと伺えますね。どこまでが信念でどこまでが私情かの線引きは難しそうですが、トロイたんの場合はほぼポリシーなんじゃないでしょうか。

とはいえコルトンみたいに上手く交わさないで、最高司令官に食って掛かっちゃうところは、リアルタイム時ではわかりませんでしたが「ああ、青いなあ…♥」と思わずにはいられない\(^o^)/大人だったらもうちょっと上手く立ち回っとこう…その場はおさえといて、あとでデスノートに名前書けばいいじゃない… 

そんなトロイたんをあの程度の男呼ばわりした総督ですが。あの人会話を見てるとなにげにトロイたんのホワイダニットを推理した発言してるんですよね。それが当たっているかはともかく。
例えばトロイたんがクレイに絡むとこで「君らはよくやってくれてるのわかってるよ(意訳)」とか、トロイたんは別にそんな事一言も言ってないのに読みやがった。それが当たっているかはともかく。
あとさっき書いたイルヤのシーンでも「我々は情で動くものではない」って言うし。
人間としてはトロイたんが正解ですが、クールークの軍人(要人)としての態度だったら総督が正解なんですよね。総督なにげに管理能力高いんじゃないか…?!

そう、軍人は感情で行動するものじゃない。アンドレもそう言ってた。
でもトロイたんの場合、その情に個人は関与してないほうがいいです。
昔は、あの怒りのシーンに「そうか、こないだ船で逃がした海の妖精がいたらどうしようって思ってたのね!」って考えてたこともありました。(クリア前)なんというバカ…それじゃ小説版のトロイと何が違うって言うの。

なにせ本編中ではオンタイムのトロイたんしか出てこないので勤務外のことは知る由もないわけですが、せめて勤務中は私的な感情でふらふらしてほしくないわけです。
彼自身がポリシーとしているものを踏まえた外交と、クールーク上層部が提案してる外交のプロセスが食い違っているのは不幸と言わざるを得ない。その上で彼が最後に見せた唯一のわがままがあの4主との一騎打ちなんだろうなと思います。
前置き長かったね!

トロイたん本人も、あの一騎打ちが自分の仕事と関係ない自分のためのものということは理解していたように思います。トロイたんまじB型。
そしてちゃんとそれに答える4主よ。天使か。
4主はトロイたんと違ってあの夜のことは忘れないでいただろうし、グレンの事もあっただろうし、顔を合わせる事はなかったけど特別な存在で、ある意味彼の中でもトロイと直接一戦を交えないと終われない何かはあったんじゃないでしょうか。
ただ、若小間とか抜きにすれば、4主にとってのトロイは敬意をはらうべき敵で、最後に越えるべき壁以上の存在ではなかったはずなんです。

それなのに、トロイたんがこっちの事情なんも知らんと「いずれまたこの海で会おう」なんて言ってしまったから。
(『リーダーが紋章を持ってる』ことまでは知ってたかもしれませんが、紋章が不老その他様々な作用があることまではあんまり重要視してなかったんじゃないかという予想)
不老な上、死んでしまったら周囲に迷惑をかけてしまうリスクまで背負ってる4主にとってはこれ以上ない言葉なんじゃないでしょうか。
あと、4主側のためらいがあってから「一緒に行かないか?」っていうのもいいよね。
108人は揃ってるしそんな必要ほんとはないのにそう言うってことは、4主の中ではトロイ=憎しみの対象じゃない、ってことになるわけですし。クレイには言わなかったし。
それと、そういう風に言えたという事でトロイたんがそんなに大怪我してないという事にもつながりますね。まあ、あのハキハキ喋ってる姿からして怪我してるようにはあんまり見えなかったっていうのもある…笑

そういうわけで、トロイたんにはきっかり約束守ってほしいです。
実際あのまま死んでしまうというのは若小間的にないので…
療養中にでも「あの夜に何故4主が流刑されていたのか」とか「どんな心境だったのか」とか考えまくるといいです。
そして多分、彼がたどり着くであろう答えが私の中ではきっと正解になるだろうからこそ、私は若小間がずっと好きなんだろうなと思います。
| 幻水4/若小間 |
<< NEW | TOP | OLD>>