P2特設ページ></a>|
<a href= | CALENDAR | RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
様々な可能性について考えてみる 23:22
原稿のネームしながらぼーっと、色んな可能性について考えたりしました。
主に、若小間的に一番大事なラズリル近海での出会いが起こりえない可能性の場合についてなんですけど…

■海賊襲来のときにグレンが死なず4主に罰紋が移動しない場合

トロイの第1艦隊がまずオベル制圧 ※1
第3艦隊も生存

海上ではクールーク軍が諜報活動をしていたわけだから、結局ラズリル占領作戦は遂行されるだろう
このとき第3艦隊が来たりする
(トロイたんは独自のゆる外交※1のため戦いに参加しない)
(ヘルムートも第3艦隊の艦長ではないので統治下におかれないラズリルの場合はクールーク側に留まってるはず?)

4主は海上騎士団に留まっていられるので、当然ながら戦いに参加する

グレン団長の信頼が厚いので、多分おなじ艦で戦うことになるだろう

きっと罰紋を使うだろう

4主に罰紋が宿る可能性アップ

結局放逐の可能性アップ→オベルの巨大帆船へ

※1 どっちにしろリノは巨大帆船作って逃げてたと思います。
※2 現地に自分で行って話し合いによって行う外交政策。総督に「あいつのやり方は時間がかかりすぎる」と言われてた。

■もしグレン団長の死に際をスノウが見ても4主が犯人ではないと証言した場合

4主に既に紋章は宿っている

しかしラズリルの誰も紋章についてわかる者はいないので疑われる可能性も高い

離れなかった場合、やはり第3艦隊に向けて使うことになるだろう。
4主自ら、「これは危険な紋章だ」と判断してラズリルを離れるかも?

放逐の可能性アップ→オベルの巨大帆船へ

上二つの場合でも、結局4主に罰紋が宿って、オベルに身を寄せてそのままリーダーに祭り上げられるであろう可能性の方が高かったりするんですよね。
つまり、あの夜の出会いはあってもなくても本当はよかった、ってことになるわけです。
でもあえて、イベントの一つにトロイと4主の邂逅が加えられたのはやっぱり、4主たちが尊敬していたグレンが超えろと指示した人物がトロイだからというのが大きかったのかもしれません。

もともとトロイは言ってしまえば「敵の中では一番強いけど中ボス」くらいのポジションで、全力挙げて倒さなければならないほどの巨悪でもなく、積極的にこっちに絡んでくるわけでもなく、冷静に職務を全うしてる軍人さんにすぎないわけです。
幻水1のアイン・ジードとか、2のクルガンとシードのように、終盤で対峙して勝利したらその後出番はなし、くらいのことになってもよかったはずです。

だがしかし、あえて物語の序盤、それも4主にとって人生が180度変わった夜に出逢って別れて、戦い抜いた最後の最後に、お互い目を見ただけで剣での一騎打ちをしたりする。
深い…縁が深いです。
急に転校して来た美少女が昔の幼なじみだった!と、アイムユアファーザー(シュコーシュコー)の中間くらいの縁の深さ!

それとここ重要なんですが、お互い憎み合ってそうしているわけではない、というところがポイントです。
個人的には「トロイのわがままに4主が付き合った」という見方をしていますが…

なにせ、トロイ本人は4主と全くと言っていいほど縁がありません。
本編で2、3回ニアミスしてたように思いますが、顔すら見たことがないと言ってもいいはずです。
なので、自分たちをここまで追い詰めた連合軍のリーダーと1回でも対峙しないと軍人魂がおさまらないとか色々あったんだと思います。

4主は4主で、前述のグレンの啓示でまず一騎打ちに応じる理由にはなります。
もし、あの夜に出逢っていなかったら、それだけが理由になると思われます。
が、しかし4主にはあの夜、彼が「トロイ」であることを知ってしまい、あまつさえ自分たちを見逃してくれたというオプションがついてしまいます。
そうなると、トロイの「海鮮で決着がついたのにあえて一騎打ちを挑んで来る」という無茶振りに、ただ「団長が超えろと言ったので戦って勝ちたい」という理由だけではなくなるであろうと思われます。

若小間はねーここが熱いんですよね!って自分の創作ではその辺ぜんぜん描いてませんが!
トロイたんはどこまでも自分の都合と自分の解釈で突っ走ってしまってて、でもそういう生き方しかできないんだろうなっていうところがほんと愛おしいですね。わりとそういうキャラの多い幻水シリーズの青年キャラの中でも生真面目クール枠のダントツトップだったしな!
そしてそれを「最大のいいところは度量が広い」ってまるごと幻水ブックで書かれてた4主が理解してあげているところが、あの一騎打ちにあらわれている…愛です。

と、思うことも可能です。

そんな神聖なる一騎打ちがパチスロ幻水では、なんでか室内、なんでかトロイたんの執務室、なんでかトロイたんの登場効果音「きゅぴぴぴ〜ん♪」、なんでかBGMだけは異常に忠実、なんでか室内装飾本編より精密、なんでか4主勝利時「よっしゃああー!(男声)」なわけで若小間好きは違う意味で涙がとまらなぃょ…萌えますけど。
いやでもきゅぴぴぴ〜ん♪はなあ…きゅぴぴぴ〜ん♪は……

若小間に関しては2005年度の若小間語りで書いたこととほとんど解釈は変わっていないのですが、こういう可能性については確か書いたことがなかったので書いてみた。長くなってしまいました。


| 幻水4/若小間 |
<< NEW | TOP | OLD>>